HUNTERHUNTERという作品、私は小学生の頃に、アニメ版に先に出会った。そこには、男なら必ず憧れる、異能力バトルの真髄が詰め込まれていた。小学生ながら、念の練習をする程に友達と共にハマったのだ。中学生から高校生にかけて、大人になっていくが、やはり、HUNTERHUNTERはずっと好きな漫画だった。作者の体調不良で休載期間があったが、好きなものは待てる。再開する度に大きな喜びと共にまた小学生の目に戻って読み始めるのだ。

 

内容的には、アニメ版での思い出も深い、グリードアイランド編がお気に入りだ。主人公達の能力と、ゲームを掛け合わせた、それは子供なら夢中にならざるを得ないコンテンツで溢れかえっていた物語だと思う。子供と言ったが、よく読んでみると、大人の心にも響く内容も散りばめられており、深く読みいってしまうのだ。

 

さらに、戦闘シーンのかっこよさたるや、右に出る漫画があろうか。念能力をつかい、一見全く役に立たなそうな能力でさえ、「こんな使い方るのか!!」と驚きとワクワクを与えてくれるのである。能力のさぐり合い、心理戦は大きな見どころポイントだろう。様々な少年誌の王道要素が詰まったある意味邪道な王道漫画HUNTERHUNTER。ぜひ一読おすすめしたい。>>>>>姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾